約850本あるネガ、これからどうする?【フィルム保管術】

約850本あるネガ、これからどうする?【フィルム保管術】

2021年1月22日

※noteで執筆した記事を移行しました
※投稿日時は当時のものです

カメラマンとして仕事を始めた2007年、フィルムからデジタルに切り替えました。 

野球を撮り始めた大学時代、写真を学んだ専門学校時代はずっとフィルムで撮っていたため、ネガがたまりにたまっています。

きちんと整理しないといけないな、とまずどのくらいあるのか数えてみました。
その数なんと、 

846本!!!!

すごい量!
フィルム代いくらだろう(笑)

過去、専門学校時代の資料を整理したときに課題で撮ったフィルムなどはだいぶ処分したので、1000本以上あったかもしれません。

846本の内訳


(保存箱していた箱に撮影年を書いたメモをいれていました)

▼モノクロネガ 315本(全て野球の写真)
▼カラーネガ 野球:486本 
       その他:39本(小6からのいろんな写真)
▼ポジ 4
▼APS 2

野球ばかりです(笑)

これらのネガは今のところ処分するつもりはありません。
この先、また気持ちは変わるかもしれないけれど、手元に置いておきたい。

どうやって保管してる?


湿気の少ないところに保管していたので、ネガの状態は良好。

100均のシューズケースに紙のスリーブのまま保管。
モノクロネガはスリーブを二つ折りして平置きで入れてます。
ぴったりなんです!ちなみにこれが6箱あります。

箱に入りきらないフィルムが別に70本くらい。
半透明のごみ袋に入れて箱の上に仮置き(ごめんなさい)。

ネガのデータ化を検討【業者に依頼】


カラーネガはどんどん色褪せるし、劣化も進むので業者にデータ化をお願いしたいところ。
いずれは処分してもいいかなと思い、データ化できる業者を調べてみました。

ネガのデータ化

低価格が売り「節目写真館」の基準で値段を計算。

カラーネガは約500本
基本料金1000円
デジタル化が1本198円

……

10万円!!!!!!(驚愕)

まあ、そうですよね。
にしてもすごい金額でした。

ネガスキャナーは持っていますが、500本は気が遠くなります。
業者のスキャナには全然劣るので画質も不安がありますし、プロに任せるのが安心です。

モノクロネガはまたいつの日か、暗室で紙焼きしたいなという淡い夢を抱いています。
その時まで、大切に保管しておきたいです。

追記:少量なら自分でスキャンするもよし!


ネガの枚数が少なければ、自分でデータ化するという手もあります!
私も過去、ネガで撮影した写真を展示で使いたくて、ネガスキャナーを購入しました。

サンワダイレクト ネガスキャナー 400-SCN006(廃番)

後継機種はこちらのようです。画質が向上した分、価格も上がっています。

大切なネガは色あせぬうちにデータ化を


ネガを預ける不安もありますが、色あせや劣化で写真にできなくなる未来を考えると早めにデータ化しておいた方がよさそうです。

家で保管するのであれば、湿気には十分気を付けたいところ。

私もいまはふすまを外した押し入れの手前に保管し、たまにふたを開けたりなどして湿気がこもらないようにしています。

みなさまもしまいっぱなしになっているネガはありませんか?
後悔しないよう、まずは風通しよくしてあげてくださいね。

error: Content is protected !!